看護師国家試験、3/19に追加試験…大雪の影響

教育・受験 受験

追加試験の実施について
  • 追加試験の実施について
  • 厚生労働省のホームページ
 厚生労働省は2月24日、第103回看護師国家試験の追加試験を3月19日(水)に実施すると発表した。試験地は、宮城県と東京都、愛知県の3か所。

 2月16日実施の第103回看護師国家試験は、大雪の影響による公共交通機関の遅延や運休により、仙台会場や東京の8会場で、定刻より1時間繰り下げて試験を開始した。最大2時間遅れて試験を開始することとしたが、それでも試験会場に到着できない受験生がいたという。

 受験地が宮城県と東京都、愛知県と指定された受験生のうち、交通機関の遅延・運休等のため定刻から2時間繰り下げた試験開始時刻までに試験会場に入場できなかった者を対象に、追加試験を実施する。受験手数料は徴収せず、受験票は2月16日のものを使用するため、改めて受験票は発行しない。

 合格発表は、3月29日(土)14時に厚生労働省のホームページに掲載する。

◆第103回看護師国家試験の追加試験
試験会場
宮城県:仙台卸商センター産業大学産業見本市会館サンフェスタ(仙台市若林区卸町2-15-2)
東京都:大正大学巣鴨キャンパス(豊島区西巣鴨3-20-1)
愛知県:中産連ビル新館 8階会議室(名古屋市東区白壁3-12-13)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)