早稲田大学、授業内容公開サイトを開設…1,000本の講義映像を配信

教育ICT 学校・塾・予備校

WASEDA COURSE CHANNEL(トップページ)
  • WASEDA COURSE CHANNEL(トップページ)
  • WASEDA COURSE CHANNEL(トップページ画面)
  • WASEDA COURSE CHANNEL(動画再生画面)
  • WASEDA COURSE CHANNEL(検索結果一覧)
 早稲田大学は2月25日、開講科目の講義内容を紹介する動画やオンデマンド授業動画などを配信する、授業内容公開サイト「WASEDA COURSE CHANNEL」を開設した。

 早稲田大学では、2006年より「早稲田大学 Open Course Ware」にて教材を公開、「早稲田大学 iTunes U」でも2009年より500本以上の講義映像を公開してきた。今回開設した「WASEDA COURSE CHANNEL」では、これらを集約することで、講義映像を2014年3月末までに約1,000本まで拡充し、その後も順次追加していくという。

 同大学では、教育内容を受験生や保護者、学生や社会に公開することで、透明性を高め、教育活動への理解と評価の向上を目指すほか、世界への発信を通じて世界での大学の認知度を高めていくという。

 サイトの活用方法は、公開動画を学生の履修科目選択時の参考とさせるとともに「WASEDA COURSE CHANNEL」から学外にも公開する。さらに、英語による授業コンテンツは、早稲田大学高等学院や伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校で、教材としての活用も検討されている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)