文科省、歯学教育の改善に関する提言を取りまとめ

 文部科学省は、歯学教育の改善・充実に関する調査研究協力者会議の提言・要望を取りまとめた。提言・要望に、各歯学部が積極的に対応するよう呼びかける。

教育・受験 学校・塾・予備校
歯学部(歯学科)入学定員の推移
  • 歯学部(歯学科)入学定員の推移
  • 歯学部歯学科の入学定員一覧(平成25年度)
 文部科学省は、歯学教育の改善・充実に関する調査研究協力者会議の提言・要望を取りまとめた。

 本会議は、歯学教育の質の向上および歯学教育に対する社会の理解・信頼の確保を図るために行われたもの。文部科学省では、取りまとめられた提言・要望に、各歯学部が積極的に対応するよう呼びかける。

 今回公表された取りまとめでは、歯科医師として必要な臨床能力修得のため、引き続き、診療参加型臨床実習の充実に向けた取組みを各歯学部に求めている。

 また、歯学教育に対する社会の理解・信頼の確保、および歯科医師の活躍の場を拡大することを目的に、各歯学部の強みや特色を活かし、多様なニーズに対応した歯科医師の養成や、地域または世界規模の課題解決に向けて、積極的に取り組むよう提言している。

 さらに受験生や在学生にとって有用な情報となることから、入学者選抜区分ごとの授業料・入学料・留年率・国試合格率、診療参加型臨床実習の実際、学習成果、教育の内部質保証など、教育活動等の情報を積極的に大学ホームページに掲載することを求めている。

 なお、現在、入学定員充足率の極端な超過校と低下校があることについては、歯学教育の質の低下につながる恐れがあるとの懸念を示し、入学定員内での受入れの遵守について徹底を要望。入学定員未充足の歯学部については、適正な入学定員の設定や入学者選抜の改善等、優れた入学者の確保に取り組むよう提言している。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)