JAPET「全国展開可能な教育用ICT利活用モデルの研究」シンポジウム3/27

 日本教育工学振興会(JAPET)は、3月27日(木)に平成25年度「教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究」シンポジウム2~クラウドとHTML5による全国展開可能な教育用ICT利活用モデルの研究~を開催する。定員は250名で参加費は無料。

教育ICT その他
シンポジウムのお知らせ
  • シンポジウムのお知らせ
  • プログラム
 日本教育工学振興会(JAPET)は、3月27日(木)に平成25年度「教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究」シンポジウム2~クラウドとHTML5による全国展開可能な教育用ICT利活用モデルの研究~を開催する。定員は250名で参加費は無料。

 同シンポジウムは、1月21日(火)に次いで2回目の開催。第1回は、同志社大学大学院教授による基調講演や荒川区教育委員会による研究経過・成果の紹介などが行われた。

 今回は、教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究の成果報告を行う。また、立教大学の佐々木宏教授や日本総合研究所の東博暢氏による講演、放送大学学園理事長でJMOOC理事長でもある白井克彦氏による特別講演を予定している。

 参加申込みは3月19日(水)17時まで。参加申込み者数が募集人数を超えた場合は、抽選とする。参加の可否については、別途メールで連絡するという。

◆「教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究」シンポジウム2
日時:2014年3月27日(木)14:00~18:00
会場:機械振興会館 B2ホール (東京都港区芝公園3-5-8)
募集人数:250名 ※参加申込み者数が募集人数を超えた場合は抽選。
締切:3月19日(水)17時まで
参加費:無料
申込方法:申込みWebフォームより申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)