児童生徒用タブレット端末、1人1台整備の自治体は1割未満

 児童生徒用タブレット端末の整備状況について、「全児童生徒1人1台整備している」と回答した自治体は、小学校で1.9%、中学校で3.3%といずれも1割に満たないことが、日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)が2020年7月20日に発表した調査結果より明らかになった。

教育業界ニュース 教育ICT
小学校における児童用タブレット型コンピータの整備状況
  • 小学校における児童用タブレット型コンピータの整備状況
 児童生徒用タブレット端末の整備状況について、「全児童生徒1人1台整備している」と回答した自治体は、小学校で1.9%、中学校で3.3%といずれも1割に満たないことが、日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)が2020年7月20日に発表した調査結果より明らかになった。

 日本教育情報化振興会は、教育の情報化の実態や現場の意識について、学校や教育委員会を対象としたアンケート調査を隔年で継続的に実施してきた。12回目となる今回は、全国の自治体教育委員会と全国公立小中学校を対象に、GIGAスクール構想や新型コロナウイルス感染拡大前のアンケート調査を行った。

リシードで全文を読む
《桑田あや》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)