キネ旬とイオンシネマ、小学生対象の全国映画感想文コンクール開催

 キネマ旬報社は、全国にイオンシネマ76劇場を運営するイオンエンターテイメントと共同で、2015年度開催を目指し「全国映画感想文コンクール実施委員会(仮称)」を設置すると発表した。

教育・受験 その他
キネマ旬報社(WEBサイト)
  • キネマ旬報社(WEBサイト)
  • イオンシネマ(WEBサイト)
 キネマ旬報社は、全国にイオンシネマ76劇場を運営するイオンエンターテイメントと共同で、2015年度開催を目指し「全国映画感想文コンクール実施委員会(仮称)」を設置すると発表した。

 映画感想文コンクールは、友だちや家族と同時共有体験ができる点が大きな特徴。音や色、出演者の表情などを視聴できることはもちろん、一緒に観ている人の反応を感じられるという点も、ほかの感想文コンクールにはない特長のひとつだ。

 また、本コンクールは夏休みに鑑賞した映画ならば、映画館、テレビ放送、DVDなどの鑑賞方法及び作品の種類などは問わない。本コンクールに参加して、映画を通じ感たことを自分の言葉で表現することで、映像を読み取る力、文章力、表現力を養い、他者とのコミュニケーション能力を高められるとしている。

 今後、同委員会では具体的な応募要項をまとめ、地方で審査を行う各都道府県の委員会を組織する。2014年度は、先行してすでに準備が整っている千葉県、大分県の2県の小学生を対象に、試験的にコンクールを開催。7月をめどに具体的な案内を行うほか、応募用原稿用紙を配布する。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)