【大学受験2015】鉄緑会東大数学問題集30年分が5年ぶりに発売

教育・受験 受験

鉄緑会東大数学問題集 資料・問題篇/解答篇1980-2009(30年分)
  • 鉄緑会東大数学問題集 資料・問題篇/解答篇1980-2009(30年分)
  • KADOKAWAのホームページ
 KADOKAWAは6月23日、「鉄緑会東大数学問題集 資料・問題篇/解答篇1980-2009(30年分)」を5年ぶりに特別重版して販売を再開した。2013年度の新高等学校学習指導要領改訂で復活した「複素数平面」も含まれる。

 同書は2009年に東京大学受験指導専門塾の鉄緑会が記念事業として刊行、発売した。本体価格が1万5,000円と高価だったにもかかわらず、発売当時から全国の難関大学を受験する生徒たちの間で話題となり完売。その後、長く手に入れられない状況が続き、古書価格も高騰していた。

 2013年度の新高等学校学習指導要領改訂により、近年指導要領から外れていた「複素数平面」などの学習項目が復活。再び難関大学で出題される可能性が高まり、「複素数平面」を含む1980年~2009年までの東大入試問題を徹底的に分析した同書への問い合わせが殺到したという。

 鉄緑会問題集シリーズは、鉄緑会の総力を結集し、あらゆる角度からの分析・ていねいに解説。出題傾向や頻出分野の分析等の資料篇も充実している。

 鉄緑会とは、中高一貫の有名進学校の生徒を対象とした東京大学受験指導の専門塾。1983年に東京代々木に設立された。開成、筑駒、桜蔭といった首都圏難関校の最上位層が己を研鑽する場として集い、その独自の6年間カリキュラムの徹底した指導により、毎年250人以上の東大合格者を輩出している。

◆鉄緑会東大数学問題集 資料・問題篇/解答篇1980-2009(30年分)
編者:鉄緑会数学科
定価:1万6,200円
サイズ:B5判
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)