みずがめ座δ流星群が7/29極大、23時頃から好条件

趣味・娯楽 その他

7月中旬21時頃の東京の星空
  • 7月中旬21時頃の東京の星空
  • 7月の星空カレンダー
 みずがめ座δ(デルタ)南流星群が7月29日、ピークを迎える。国立天文台によると、ほぼ一晩中観察できるが、放射点が少し高くなる午後11時頃から好条件だという。30日にはやぎ座α(アルファ)流星群もピークを迎える。全国的に梅雨明けした夏休みの夜、流星が見られる地域が多そうだ。

 みずがめ座δ南流星群とやぎ座α流星群は、ほぼ同じ時期に活動する流星群。ピークの前後一週間くらい見ごろが続く。やぎ座α流星群はゆっくりと流れるのが特徴で、ときおり火球と呼ばれるような明るい流星も流れるという。みずがめ座デルタ南流星群は、やぎ座α流星群よりも流星のスピードがやや速く、明るい流星はあまり多くないようだ。

 7月下旬~8月下旬は、複数の流星群の活動が重なり、1年のうちでもっとも多く流れ星が見られるとされている。気象庁によると、29日の天気は全国的に晴れ。27日(日)が新月なので、月明かりの影響が少なく、良い条件で観測が楽しめそうだ。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)