アップル、4.7インチのiPhone 6と5.5インチのiPhone 6 Plusを発表

教育ICT モバイル

左から iPhone 5s、6、6 Plus (c) Getty Images
  • 左から iPhone 5s、6、6 Plus (c) Getty Images
  • 左から iPhone 5s、6、6 Plus (c) Getty Images
  • iPhone 6について説明するアップルの世界マーケティング担当上級副社長のフィル・シラー (c) Getty Images
 アップルは、日本時間10日に米国米カリフォルニア・クパチーノにおいて「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」を発表した。

 それぞれのモデルの大きな違いは液晶ディスプレイのサイズ。「iPhone 6」は4.7インチ1334×750ピクセル、「iPhone 6 Plus」は5.5インチ1920×1080ピクセルの異なる液晶ディスプレイを備えている。画面の大きさや解像度の高さを活かした横向きの専用画面が利用可能となった。両機種とも「iPhone 5s」の4インチ1136×640ピクセルから大型化されている。

 iPhone 6/6 Plusでは、新たにNFCチップを搭載。指紋認証機能とあわせて非接触の決済を行うサービス「Apple Pay」の利用が可能。「Apple Pay」は10月より米国でサービススタートとなる。日本でのサービス開始についてのアナウンスはされなかった。

 CPUには、20nmプロセスを採用した新型のA8チップを搭載するほか、GPSやジャイロといった本体のセンサー類を処理するコプロセッサーもM8に刷新。より高精度な計測が行えるようになり、処理速度も最大で50%向上した。ゲームなどに用いられる3DグラフィックスについてはiOS 8のMetalプラットフォームにより高速化が図られている。

 通信については、従来のLTEに加えキャリアアグリゲーションに対応。対応する周波数帯はiPhoneシリーズで過去最多となり利用可能な地域が増えた。Wi-Fiは新たに802.11acに対応した。

 カメラは背面に8Mピクセル、前面に1.5Mピクセルのセンサーを搭載。F値は2.2と明るくなる他、焦点用のピクセルを持ち被写体からの光を分析。2倍の速さのフォーカスができるようになった。iPhone 6 Plusは光学手ブレ補正機能を搭載する。

 カラーラインアップについてはiPhone 6/6 plusともにゴールド、シルバー、スペースグレイの3色。

 価格については米国キャリアの2年契約において、iPhone 6が199ドル(16GB)、299ドル(64GB)、128GB、399ドル。iPhone 6 plusが299ドル(16GB)、399ドル(64GB)、499ドル(128GB)となる。

 発売は9月19日、予約開始は9月12日から。

アップル iPhone 6/iPhone 6 Plusを発表……4.7インチ/5.5インチ

《外村克也@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)