乾電池で電車は走るのか? パナソニックが秋田県立大らと専用車両製作

デジタル生活 その他

パナソニック
  • パナソニック
  • パナソニック
  • パナソニック
  • パナソニック
  • パナソニック
パナソニックは、乾電池「EVOLTA(エボルタ)」の長持ち・パワー実証実験として単1形乾電池を動力源に走行するオリジナル車両を製作し、実在の線路上走行に挑戦する。

今回の挑戦は、前回の玩具の電車から人が乗ることのできる電車にスケールアップして挑むため、まず乾電池エボルタ(単1形)を動力源にして走る挑戦用のオリジナル車両(1両)を製作。場所は秋田県と同県大館市の全面協力を得て、現地の旧小坂鉄道跡地を使うことになった。車両製作もパナソニックに加えて秋田県立大学などと共同で行う。

車両にはイメージキャラクター「エボルタくん」をデザイン。人を乗せて線路上を走行させ、約8kmの区間を走破することで乾電池エボルタの優れた長持ち・パワー性能実証に挑む。

■作成車両 概要
・外寸:幅160×高さ220×長さ410(cm)1両
・動力源:乾電池(単1形)
・車体材質:特殊強化ダンボール
・車体重量:約500kg
・定員:10名(重さ制限:約500kgまで)
合計総重量約1トン
・完成予定:2014年10月中旬

【使用する乾電池】
・品名:乾電池エボルタ 単1形
・品番:LR20EJ
・希望小売価格:オープン価格

■チャレンジ走行 概要
【日時】2014年11月2日(日)予備日11月3日(月・祝)
【会場】秋田県大館市「旧小坂鉄道廃線」
・2009年に廃止後も、ほぼ全線のレールが残っている
【走行区間について】
・距離 約8km(軌間 1,067mm)

乾電池で電車は走るのか? 専用車両まで作ったパナソニックの本気度がすごい

《礒崎遼太郎@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)