東大教養学部「高校生のための金曜特別講座」10/3より全12回開講

教育・受験 学校・塾・予備校

高校生のための金曜特別講座
  • 高校生のための金曜特別講座
  • 高校生のための金曜特別講座
 東京大学教養学部は、「高校生のための金曜特別講座」の2014年度冬学期講義プログラムを10月3日から2015年2月6日まで、全12回のスケジュールで開催する。参加費は無料で事前申込みも不要。参加は先着200名となっている。

 金曜特別講座は、高校の週5日制の実施にともない、休日に高校生対象の公開講座を開講してほしいとの要望を近隣高校から受けたことをきっかけに、2002年4月にスタート。当初は「高校生のための土曜特別講座」として、高校生および一般を対象に土曜日の午前中に開講。2003年10月からは「社会連携プログラム『21世紀を生きるための知』」として金曜日の夜に開講されるようになり、2004年4月から現在の「高校生のための金曜特別講座」として実施している。

 参加者は高校生が中心だが、下は中学から上は80代まで幅広い年齢層が講座を利用。参加者の構成比は、高校生7割、一般が3割だという。また、遠方の高校生向けにネット配信を試験的に開始。遠く離れた高校生たちも、熱心に参加しているという。

 公開講座は、4月から9月の夏学期、10月から翌年2月の冬学期を開催。10月からの冬学期では、認知言語学や心理学、地域文化、アメリカ文学など、幅広い分野の各種講義が用意されている。

◆高校生のための金曜特別講座
日程:10月3日、10日、17日、31日、11月7日、14日、28日、12月12日、19日、2015年1月23日、30日、2月6日
時間:17:30~19:00
会場:東京大学教養学部(駒場Iキャンパス)18号館ホール
対象:高校生以外も参加可能
定員:200名(先着順)
参加費:無料
事前申込み:不要
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)