ノーベル物理学賞、日本人3名が受賞…青色発光ダイオードの発明

教育・受験 その他

ノーベル物理学賞受賞者
  • ノーベル物理学賞受賞者
  • ダイオード
  • 移り変わりと効率化
 スウェーデン王立科学アカデミーは10月7日、2014年のノーベル物理学賞受賞者を発表。受賞者は、青色発光ダイオードの発明による貢献が評価された名城大教授の赤崎勇氏、名古屋大教授の天野浩氏、カリフォルニア大サンタバーバラ校教授の中村修二氏の3名だった。

 発表は、スウェーデン、ストックホルムのスウェーデン王立科学アカデミーで行われ、同アカデミー事務総長のスタファン・ノルマーク氏が受賞者を読み上げた。

 「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を受賞し、ノーベル賞有力候補とされていた理化学研究所 創発物性科学研究センターの十倉好紀氏の受賞はならなかった。

 なお、8日はノーベル化学賞の発表が予定されている。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)