【学校ニュース】学習院が東洋文化講座を開講、KUISが英語学習手帳を発売ほか

学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。10月9日は神田外語大学、大妻女子大学、学習院大学、工学院大学、昭和大学の情報を紹介する。

教育・受験 学校・塾・予備校
画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。10月9日は神田外語大学、大妻女子大学、学習院大学、工学院大学、昭和大学の情報を紹介する。

・【神田外語大学】神田外語大学出版局が、英語学習を習慣化する手帳『英語学習手帳2015』を発売――英語学習に成功する人と失敗する人の「差」を研究し開発
 神田外語大学(千葉県千葉市/学長:酒井邦弥)出版局は10月6日、英語学習を習慣化するための手帳『英語学習手帳2015』を全国の書店で発売した。同書は2013年版より刊行を開始し、今年で3年目。幅広い年代から支持され、企業や学校での導入事例も増えている。2015年度版はユーザーからのリクエストに応え、2015年1月から2016年3月までの15カ月間のカレンダーを収録。学期末・年度末までの使用も可能となった。また、カバー色を人気が高かったホワイトに一新した。価格2,200円(税別)。

・【大妻女子大学】大妻女子大学千代田キャンパス新校舎が3年がかりでついに完成――10月11日(土)竣工式を開催
 大妻女子大学千代田キャンパス新校舎の本館(E・F棟)がこのほど完成し、10月11日(土)に本館内見学会を含む、竣工式を開催する。千代田校舎建て替え工事は2008年に「千代田キャンパス再開発プロジェクト」としてスタートしたもの。2011年に着工し、約3年がかりで竣工した。

・【学習院大学】学習院大学東洋文化研究所が10~11月に東洋文化講座(第84~86回)を開講――シリーズ「アジアの未知への挑戦――人・モノ・イメージをめぐって」
 学習院大学東洋文化研究所では10~11月にかけて、東洋文化講座 シリーズ「アジアの未知への挑戦――人・モノ・イメージをめぐって」(第84~86回)を開講する。これは、同大のアジアの諸国・諸民族に関する研究成果を広く社会に還元することを目的としたものである。当日は各分野における第一人者の講師を招き、アジアを舞台とした未知なる文化や歴史との出会いをテーマに講演を行う。各回とも入場料、事前申込不要。

・【工学院大学】工学院大学がメダル獲得を支援する「マルチサポート事業(パラリンピック競技)」の幹事校に採択
 工学院大学(東京都新宿区)はこのたび、文部科学省が展開する「マルチサポート事業(パラリンピック競技)」における「B 研究開発プロジェクト」の幹事校に採択された。これは、同大の工学分野での研究実績が評価されたもの。

・【昭和大学】口唇口蓋裂医療協力のため、マダガスカルへ――昭和大学が医療チームを現地へ派遣
 昭和大学は、昨年に続き今年もマダガスカル共和国に医療チームを派遣する。11月8日から11月22日まで、マダガスカル共和国アンチラベ市において口唇口蓋裂に苦しむ子どもたちの治療にあたる。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)