あしなが学生募金、全国200か所で実施

 あしなが学生募金事務局は10月18日、遺児の大学生らが街頭で呼びかける「第89回あしなが学生募金」を全国の主要駅頭・街頭など200か所で開始した。18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)の4日間実施する。

教育・受験 その他
あしなが学生募金
  • あしなが学生募金
  • あしなが学生募金
  • あしなが学生募金
 あしなが学生募金事務局は10月18日、遺児の大学生らが街頭で呼びかける「第89回あしなが学生募金」を全国の主要駅頭・街頭など200か所で開始した。18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)の4日間実施する。

 あしなが学生募金は、病気・災害・自死で親を亡くした子どもや、親が重度の障害を持つ子どもの「進学したい」「勉強したい」という思いを後押しするための奨学金を募る活動。1970年に始まり、毎年春と秋に4日間実施している。

 近年、日本では子どもの貧困問題が深刻化している。2013年11月にあしなが育英会が奨学金を受けた高校生の保護者に実施した調査によると、卒業後の進路は「就職希望」が27%で、その理由は「進学したいが家計を助けなければならない」と「進学したいが経済的に無理」で合わせると5割を超え、多くの高校生が進学を希望しつつも、お金がないために就職せざるを得ない状況であるという。

 また、同事務局が10月13日~16日に、あしなが育英会から奨学金を受けている遺児家庭から抽出した100世帯の保護者を対象として実施した「遺児家庭緊急電話アンケート」によると、消費税増税で家計が苦しくなったという世帯が89%に上ることが明らかになった。

 同事務局は、奨学金の必要性や遺児家庭の窮状を、広く街頭で訴えていき、街頭募金への協力をお願いしている。

◆第89回あしなが学生募金実施要項
日時:10月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日) 10:00~18:00
場所:全国の主要駅頭・街頭など約200拠点
主催:あしなが学生募金事務局
使途:遺児の奨学金として「あしなが育英会」に寄付
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)