進研ゼミ受講者を全国の学習塾で支援、2015年度に750拠点目指す

教育・受験 学校・塾・予備校

全国塾提携プログラム
  • 全国塾提携プログラム
  • 提携プログラム参加のメリット
  • 進研ゼミ 小学講座
  • 進研ゼミ 中学講座
 ベネッセコーポレーションは11月14日、全国各地域の学習塾とパートナーシップを結び、「進研ゼミ」を受講中の小中学生を学習塾で支援する新サービスを開始すると発表した。

 新サービスは、通信講座「進研ゼミ」を受講中の小中学生が対象。学校の授業の進捗に合わせて、子どもたちが自宅で「進研ゼミ」や学校のワークに取り組む際の学習計画作成や目標設定を、学習塾の講師が支援する。また、子どもたちが自宅で学習した内容に関する質問や学習相談などにも対応。学習塾での「進研ゼミ」への入会相談や受付けも可能になる。

 新サービスは、学校での学習、家庭での学習(進研ゼミ)、校外学習(塾・教室)の3つをリンク。子どもたちの各々の場での学びを学習塾が支援することで、学びへの意欲と自学自習力を育むと同時に、無理なく学習内容の定着を図ることができるという。

 「進研ゼミ」受講生の学習塾での活用サポートは、2013年度より、ベネッセグループの塾(東京個別指導学院・アップ)で実績を積み上げてきたという。新サービスについては11月中旬より、全国の学習塾の経営者に向けて、東京、神奈川、千葉、埼玉、名古屋、大阪、岡山、福岡で説明会の開催と提携先の募集を行い、2015年3月から順次サービスを開始。2015 年度に全国750拠点での展開を目指すという。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)