【大学受験2015】河合塾が私立大・短大の初年度納付金一覧を公開

 河合塾は11月19日、私立大学、短期大学、大学校の初年度納付金一覧を同塾の入試情報サイト「Kei-Net」に掲載した。大学の学部ごとに入学金、授業料、諸経費など項目ごとに分け、初年度に納入する金額を一覧表にまとめている。

教育・受験 学校・塾・予備校
平成27年度私立大学「初年度納付金一覧」(一部)
  • 平成27年度私立大学「初年度納付金一覧」(一部)
  • 平成27年度私立大学「初年度納付金一覧」(一部)
  • Kei-Net「平成27年度入試情報」
 河合塾は11月19日、私立大学、短期大学、大学校の初年度納付金一覧を同塾の入試情報サイト「Kei-Net」に掲載した。大学の学部ごとに入学金、授業料、諸経費など項目ごとに分け、初年度に納入する金額を一覧表にまとめている。

 一覧は平成27年度学生募集要項等で判明した初年度納付金で、備考欄では納付金のほかに、大学指定のノートパソコンの購入費、留学関連費、実習費、資格取得の実費などの必要経費についても記されている。

 文部科学省の「私立大学等の平成25年度入学者にかかわる学生納付金等調査」では、初年度の学生納付金(授業料、入学料、施設設備等の合計)の平均額は131万2,526円、私立短期大学は111万8,908円だった。

 私立大学の系統別にみると、「文科系」の初年度納付金の平均額は114万9,246円、「理科系」は149万6,044円、「医歯系」は466万4,560円。学部別にみると、もっとも高かったのが「医学部」で492万115円、低かったのは「神・仏教学部」で110万3,057円。同省では、各私立大学に対し一層の経営努力等による学生納付金の抑制を要請している。

 Kei-Netは、受験料や学費に関する情報として、私立大学・短期大学の受験料一覧や給費性・特待生・奨学生入試を実施している国公立大学、私立大学なども掲載している。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)