スギ花粉の飛散開始は例年より早め、九州・四国・東海は2月上旬から

生活・健康 健康

2015年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図
  • 2015年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図
  • 2015年春の花粉飛散数予測 (例年比)
  • 2015年春の花粉飛散数予測 (前年比)
  • 地方概況
 日本気象協会は12月3日、全国・都道府県別の2015年春の花粉飛散予測(第2報)を発表。それによるとスギ花粉の飛散開始は、例年より早い地域が多く、2月上旬に九州・四国・東海地方から花粉シーズンが始まる見込みだという。

 2015年の1月から2月の気温は、西日本と東日本は平年並みか平年より高く、北日本は平年並みの見込み。この時期の気温が平年より高いと、スギ花粉の飛散開始は早くなる傾向にあるという。このため、2015年春のスギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本は例年より早く、北日本は例年並みとなる模様。

 ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始める。このため、2月上旬に飛散開始が予想される九州・四国・東海・関東地方などでは、1月下旬頃には花粉対策を始めた方が良さそうだ。

 地域別の飛散開始時期は九州が2月上旬、中国が2月上旬~2月中旬、東海および関東甲信が2月上旬~2月下旬、近畿が2月中旬、北陸が2月中旬~2月下旬、東北が2月下旬~3月中旬。飛散数は九州と中国が「少ない」(例年比50%以上70%未満)、近畿が「やや少ない」(同70%以上90%未満)、その他の地域は「例年並み」(同90%以上110%未満)と予想している。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)