高校生川柳コンテスト、最優秀賞はマークミスが主題

 レオパレス21は、2014年11月7日から12月26日の期間で応募していた「高校生川柳コンテスト」の選考を実施し、入賞作品の発表を行った。最優秀作品には、マークミスの恐ろしさをうまく表現した「マークずれ 気づくの遅く 総崩れ」が選ばれた。

趣味・娯楽 その他
レオパレス21主催 高校生川柳コンテスト
  • レオパレス21主催 高校生川柳コンテスト
  • 最優秀賞に選ばれた作品
  • 優秀賞に選ばれた作品
  • 親御さん賞に選ばれた作品
 レオパレス21は、2014年11月7日から12月26日の期間で応募していた「高校生川柳コンテスト」の選考を実施し、入賞作品の発表を行った。最優秀作品には、マークミスの恐ろしさを表現した「マークずれ 気づくの遅く 総崩れ」が選ばれた。

 「高校生川柳コンテスト」は、現役高校生とその保護者を対象とし、進学や受験に関する川柳を募集するコンテスト。季語などは問わず、ユーモアと風刺のセンスで高校生の気持ちがうまく表現されているかを評価基準としており、今回は「最優秀賞」1名、「優秀賞」5名、「親御さん賞」5名が選出された。

 「最優秀賞」には賞金5万円、「優秀賞」と「親御さん賞」には国内レオパレスホテルズ1泊2日ペア1組2名宿泊券を贈呈。審査はレオパレス21の社内投票にて行われ、親近感を感じる体験など共感を多く呼ぶ作品が選ばれたようだ。受賞作は下記の通り。

◆最優秀賞
マークずれ 気づくの遅く 総崩れ (静岡県 戸塚氏)
◆優秀賞
一夜漬け 上手くいくのは 野菜だけ (神奈川県 荒井氏)
自己採点 何度やっても 変化なし (福岡県 原氏)
授業中 夢を叶えた 夢を見る (神奈川県 藤松氏)
ほか2作品
◆親御さん賞
学費見て ダメよダメダメ 国立で (大阪府 小松氏)
ほか4作品
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)