【高校受験2015】宮城県公立高校入試(前期)、全日制4,627人が合格

教育・受験 受験

宮城県公立高校入試日程
  • 宮城県公立高校入試日程
  • 前期日程の総括
  • 合格発表(一部)
 宮城県は2月10日、平成27年度宮城県公立高等学校入学選抜の前期選抜の合格状況を発表した。19時現在、合格者の受験番号を学校別に掲載している。全日制課程では、募集人数4,828人に対し7,968人が出願、7,927人が受験し4,627が合格した。

 宮城県の公立高校入試における前期選抜は、志望校が事前に公表する出願条件を満たす生徒のみが出願資格をもつ入試。全日課程14,920名の全募集定員のうち、前期選抜では4,828人を募集した。入試内容は、国語・数学・英語の3教科の学力検査および面接・実技・作文などから実施される学校独自調査の2種類で、2月3日に実施された。

 2月10日に公開された合格状況によると、全日制課程への7,968人の出願者のうち7,927人が受験、受験倍率は1.64倍だった。

 なお、前期選抜を受験していない生徒および前期選抜に合格していない生徒を対象に実施される後期選抜は3月5日に行われる予定。内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5教科による学力検査、学校によっては面接や実技を実施する場合もあるようだ。後期選抜の合格発表は3月12日に行われる。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)