都立高校学力スタンダード、認知度は4割

教育・受験 学校・塾・予備校

都立高校学力スタンダードを知っていたか
  • 都立高校学力スタンダードを知っていたか
  • 都立高校学力スタンダードについてどう思うか
  • 都立高校学力スタンダードにどのような効果が期待できると思うか
 東京都教育委員会は2月13日、平成26年度第1回東京都教育モニターアンケート「都立高校学力スタンダードに関する意識調査」の集計結果を発表した。「都立高校学力スタンダード」を知っていた人は14.8%、名前を聞いたことはあった人は25.9%であった。

 東京都教育委員会では、都民から教育行政についての意見や要望を聴取し、事業運営の参考にするため、東京都教育モニター制度を導入している。アンケート調査は平成26年10月~11月、東京都教育モニター100名を対象に実施し、81名の回答を得た。

 都立高校学力スタンダードは、都立高校生の学力を正確に把握し、繰り返し指導することで学力を確実に定着させることが目的。平成25年度より32校の「都立高校学力スタンダード推進校」で先行して実施し、平成26年度より進学指導重点校・中高一貫教育校・夜間定時制高校・通信制高校を除く全都立高校を対象に実施している。

 都立高校学力スタンダードについて知っていたか聞いたところ、「まったく知らなかった」59.3%がもっとも多く、「名前を聞いたことはあった」25.9%、「知っていた」14.8%が続いた。

 都立高校学力スタンダードのような生徒の学力向上を目的とする取組みについてどう思うか聞いたところ、「良い取組みだと思う」80.2%、「普通の取組みだと思う」16.0%、「もっとほかに優先すべき取組みがあると思う」3.7%の順に回答者が多かった。

 都立高校学力スタンダードにどのような効果が期待できると思うか聞いたところ、「生徒の学力定着状況が明確になり、適確な学習指導ができる」48.1%がもっとも多く、「都立高校全体で、学力向上を目指す取組が活性化される」19.8%、「都立高校において、学力向上に向けた組織的な校内体制が整備される」18.5%、「教員間の意見交換が活発化し、教員の指導力が向上する」9.9%などが続いた。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)