スギ花粉、関東以西で飛散開始…九州地方でまもなくピークに

 日本気象協会は、2月17日(火)に全国・都道府県別の2015年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測、第4報を発表。九州から関東地方の多くの地点で本格的な花粉シーズンに突入した。福岡では2月下旬から花粉のピークを迎えると予想されている。

生活・健康 健康
スギ花粉前線
  • スギ花粉前線
  • スギ・ヒノキ花粉ピーク予測(九州~近畿)
  • スギ・ヒノキ花粉ピーク予測(中部~東北)
  • 2015年度の花粉飛散数予測
  • 2014年の花粉飛散数との比較
 日本気象協会は、2月17日(火)に全国・都道府県別の2015年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測、第4報を発表。九州から関東地方の多くの地点で本格的な花粉シーズンに突入した。花粉のピークは2月下旬に福岡から迎えると予想されている。

 2月前半に、九州から関東地方の多くの地点で花粉シーズンに入った。東京都心では、同協会の観測によると2月8日にスギ花粉の飛散開始を確認。2月中旬以降は中国地方から関東において晴れて気温が高い日が多く、広島と高松でも2月11日に飛散開始を確認している。

 2月21日~2月24日にかけては、全国的に気温が高くなる地点が多い予想となっており、西日本はスギ花粉の飛散数が増加し、北陸や東北地方の一部でも飛散開始となる見込みだ。また、北海道では3月から4月の気温は平年並みから低いと予想されているが、花粉の飛散開始時期は例年並みで、シラカバ花粉は4月下旬から5月上旬に飛散が始まる予測とのこと。

 スギ花粉のピークは、福岡は2月下旬から3月上旬、高松、広島、大阪、名古屋、東京は3月上旬から中旬の見込み。金沢と仙台は3月中旬から下旬がピークとなる予測。スギ花粉のピークが終わった後は、各地でヒノキ花粉がピークを迎えるようだ。

 花粉の飛散数については、九州から近畿地方のほとんどの地域は例年より少ないまたはやや少なく、東海地方から北海道は例年並みのところが多くなっている。前年の2014年の花粉飛散数が少なかった北陸・関東甲信・東北地方では、2015年春の飛散数は前年の2~3倍になる。一方、前年の飛散数が例年よりも多かった九州・四国地方では、2015年春の飛散数は前年に比べて非常に少なくなるようだ。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)