【高校受験2015】東京都立進学指導重点校グループ作成問題<国語>講評

 平成27(2015)年度東京都立高等学校入学者選抜(都立入試)の学力検査が2月24日に実施された。リセマムは、関高校に高い合格実績をもつSAPIX中学部(サピックス)の協力を得て、進学指導重点校のグループ作成問題について、「国語」の講評を速報する。

教育・受験 受験
東京都立進学指導重点校、講評(国語)
  • 東京都立進学指導重点校、講評(国語)
  • 表1 漢字の読み取り・書き取り
  • 表2 文学的文章
  • 表3 説明的文章
  • 表4 古典を含む文章
  • 表5 国語まとめ
 平成27(2015)年度東京都立高等学校入学者選抜(都立入試)の学力検査が2月24日に実施された。リセマムは、難関高校に高い合格実績をもつSAPIX中学部(サピックス)の協力を得て、進学指導重点校(日比谷、西、国立、八王子東、戸山、青山、立川)のグループ作成問題について、「国語」の講評を速報する。数学、英語についても同様に掲載する。

進学指導重点校グループ<国語>講評(SAPIX中学部 提供)

◆東京都立高等学校の入試問題
 東京都立高で実施される入試は、下記の進学指導重点校などを除き、全教科同じ問題(以下、「共通問題」と記す)が使用されています。幅広い学力の受験生に対応するために、首都圏難関国私立高と比較すると取り組みやすい問題となっています。

◆進学指導重点校
 都立日比谷高(千代田区)、都立西高(杉並区)、都立国立高(国立市)、都立八王子東高(八王子市)、都立戸山高(新宿区)、都立青山高(渋谷区)、都立立川高(立川市)の7校は「進学指導重点校」の指定を受け、2001年の都立日比谷高を皮切りに独自の入試問題を学校で作成・実施してきました。英語のリスニング・理科・社会は共通問題を使用しますが、リスニング以外の英語および数学と国語は例年非常に難度の高いものが出題されていました。

◆グループ作成
 さらに2014年から、進学指導重点校をはじめとする東京都立難関校が複数のグループにまとまり、共同で入試問題を作成(以下「グループ作成問題」と記す)しています。グループ作成問題では、種類ごとに複数の問題を作成し、高校がそれを組み合わせて入試問題を編成します。それに加えてひとつの教科につき大問1題は学校オリジナルの問題(以下「自校作成問題」と記す)に差し替えていいというルールもあります。

 以下では今年の進学指導重点校グループの入試問題を分析し、東京都立高入試がどのように実施されたのかを検証していきたいと思います。

国語【進学指導重点校グループ】

◆漢字の読み取り・書き取り(表1)
 漢字の読み取り・書き取りは、グループ共通の出題でした。いずれも日常生活ではあまりなじみのない漢字が選ばれていて、全体的に昨年より難化しています。標準的な難度のものを確実に得点することが求められます。

◆文学的文章(表2)
 タイプAは歴史小説から、タイプBは現代小説からの出題ですが、タイプBの方が受験生にとって感情移入しやすいものでした。いずれも心情把握や内容理解に関する記号選択問題4問の他に、50~60字の字数制限のある記述1問が出題されています。会話や様子から登場人物の心情の機微を読み取らなければなりません。

◆説明的文章(表3)
 進学指導重点7校のうち4校が、説明的文章で自校作成問題です。記号選択問題3~4問、記述問題1問、200字の字数制限のある作文1問が基本的な出題形式ですが、都立日比谷高は例年記述問題2問、250字の字数制限のある作文1問です。

 また、文章のテーマや難度、出題形式の違いにも、各校の特色が反映されていますが、傾向から逸脱したものはなく、きちんとした学習がそのまま得点につながったでしょう。字数制限のある作文は、例年通り主題を適切に理解して論を展開する力や、具体的な根拠を挙げて自分の考えを述べる力が求められています。

◆古典を含む文章(表4)
 古典を含む文章は、古文・漢文・短歌・俳句を引用した鑑賞文で、解釈や書き下し文を参照しながら読むものです。現代語訳がついているので、細かな古典知識まで要求されませんが、やはり確実に得点するには、基本的な語彙と文法知識、古典常識を身につけるべきでしょう。タイプAは短歌、タイプBは古文を引用した鑑賞文で、いずれも内容理解に関する記号選択問題3問、抜き出し問題1問、50字~60字の字数制限のある記述問題1問が出題されています。

◆国語まとめ(表5)
 今年のトピックは、進学指導重点7校のうち4校が、説明的文章で自校作成問題を出題したことです。抽象度が高く、筆者の意見がつかみにくい説明的文章であれば、受験生の読解力や表現する力を試しやすいでしょう。このような問題に対応するためには、日々の学習の積み重ねで、論理的な思考力と記述力、豊富な語彙力を培うしかありません。


 このレポートは2015年2月25日(入試翌日)に速報としてSAPIX中学部により作成されたもの。なお、SAPIX中学部は、3月に入試分析会、4月に入試問題分析会を下記の日程で開催する予定。進学指導重点校をはじめ難関都立の出題傾向や対策法を分析した「東京都立高校 入試予想問題集」も販売している。

・2015 高校入試分析会(国私立難関高・東京都立トップ高)
3月14日(土)、代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワー(新宿)
3月22日(日)、代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワー(新宿)
3月22日(日)、サピックスホール(東京)
3月22日(日)、代々木ゼミナール 立川北口受験プラザ(立川)

・入試問題分析会(開成・筑駒高/慶應女子高/学芸大附高)
4月12日(日)、代ゼミタワー

・入試問題分析会(都立日比谷・西・国立高)
4月26日(日)、代ゼミタワー
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)