日本郵便、封筒型郵便サービス「スマートレター」4/3開始…信書もOK

趣味・娯楽 その他

「スマートレター」外観イメージ
  • 「スマートレター」外観イメージ
  • 「スマートレター」外観イメージ
  • 「スマートレター」と現行の「レターパックライト」の比較
 日本郵便は6日、新たな封筒型郵便サービス「スマートレター」を発表した。4月3日から取扱いを開始する。

 「スマートレター」は、「レターパック」と同様、25cm×17cm(A5ファイルサイズ)の専用封筒を購入し、それを使って投函・送付するサービス。厚さ2cm・1kgまでであれば、全国一律料金で送付可能。また信書も送ることもできる。利用料金(専用封筒料金)は180円(税込)。なお現行の「レターパックライト」は、34cm×24.8cm(A4ファイルサイズ)・厚さ3cm・4kgまでで360円となっている。

 利用方法としては、申込書等のビジネス書類、小さいプレゼントとメッセージ、インターネット上の「フリマ」「オークション」等で取引したものの発送などが想定されている。

 東京都内の郵便局、切手類販売所(コンビニエンスストア等)およびオンライン通販サイト「切手SHOP」にて販売。販売地域は、5月中に千葉県・埼玉県・神奈川県などに拡大し、以降も順次拡大する予定。全国で引受けおよび配達を行う。

日本郵便、A5サイズ・180円の新しい封筒型郵便サービス「スマートレター」開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)