「宇宙科学講演と映画の会」4/11に中学生以上440名を無料招待

教育・受験 その他

「第34回 宇宙科学講演と映画の会」
  • 「第34回 宇宙科学講演と映画の会」
  • 実施内容・タイムスケジュール
  • 宇宙科学研究所(ISAS)ホームページ
 宇宙科学研究所(ISAS)は4月11日、中学生以上を対象とした「第34回 宇宙科学講演と映画の会」を東京都の四谷区民ホールにて開催する。事前申込制で定員は440名。参加費無料。

 宇宙科学研究所は、2003年10月の独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の結成時に、機構の4本部の1つである宇宙科学研究本部として発足。国内の大学・研究所、諸外国の宇宙機関と協力して、宇宙科学ミッションの立案・開発・飛翔実験・運用を一貫して行い、それによる学術研究を推進することを目的としている。

 「宇宙科学講演と映画の会」は、広く一般の人々に宇宙科学についての理解を深めてもらおうと、宇宙理学・宇宙工学の講演と最新の研究内容の記録映像を紹介する場として、毎年都内で開催している。

 今回の内容は、宇宙科学研究所 高島健氏による「宇宙で天気予報?宇宙の嵐をとらえよう」など3つの講演と、短編映画「はやぶさ10周年記念版 はやぶさの軌跡」の上演が行われる。講演では質疑応答の時間が設けられ、宇宙に関する疑問について直接研究者に聞くことができるという。

 参加には事前申込みが必要となり、宇宙科学研究所ホームページの専用フォームまたは往復はがきにて受け付ける。

◆第34回 宇宙科学講演と映画の会
日時:4月11日(土)13:30~16:30(開場13:00)
場所:四谷区民ホール(東京都新宿区)
対象:中学生以上
定員:440名 ※定員を超えた場合は抽選
参加費:無料
申込方法:Webまたは往復はがき
申込締切:3月24日(月) ※Web申込みは12:00まで
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)