【学校ニュース】駒沢女子大、駒澤大、佛教大、追手門学院大、阪南大、関西福祉大

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。3月20日は駒沢女子大学、駒澤大学、佛教大学、追手門学院大学、阪南大学、関西福祉大学の情報を紹介する。駒澤大学が春のオープンキャンパスを開催など。

・【駒沢女子大学】駒沢女子大学が京王相模原線「稲城駅」に副駅名標板を掲出――駅ホームに「駒沢女子大学最寄駅」
 駒沢女子大学(東京都稲城市/学長:光田 督良)を擁する駒澤学園(理事長:葛城天快)は、最寄駅である京王相模原線稲城駅ホームに「駒沢女子大学最寄駅」と記載された副駅名標板を4月1日より掲出する。多くの人が利用する駅ホームで、最も視認性の高い駅名標板の付近に副駅名標板を設置することにより、鉄道を利用する人の利便性の向上を図るとともに、駒沢女子大学がこれまでより広く周知され、近隣の人々に一層の親しみをもってもらうことを期待している。

・【駒澤大学】駒澤大学が3月29・30日に春のオープンキャンパス「見にコマ」を開催――自分の進路を考え始める機会に
 駒澤大学(東京都世田谷区/学長:廣瀬良弘)は3月29日・30日の2日間、春のオープンキャンパス「見にコマ」を開催。大学紹介や模擬授業のほか、学生によるゼミ紹介やトークショーなどユニークな企画も行われる。各日ともに定員500組で、事前申込み制。時間は午前11時~午後3時で、途中退場可。

・【佛教大学】「第8回佛教大学小学生俳句大賞」入賞作品が決定~応募句数は41,921句(低学年の部16,466句、高学年の部25,455句)
 佛教大学では「全国の子どもたちに俳句を通して言葉の楽しさを体験してもらいたい」との願いで、2007年度より「佛教大学小学生俳句大賞」を開催している。今回の応募句数は41,921句。日本だけでなく海外からも応募があった。同大文学部教授で俳人でもある坪内稔典氏など6名の選考委員による選考会を経て、255句の入賞作品が決定した。

・【追手門学院大学】追手門学院大学が一般入試の「志願者伸び率」で全国1位に ~全国主要私立大104校を対象とした調査
 追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:坂井東洋男)はこのたび、全国主要私立総合大学の2015年度一般入試志願者数ランキングで、前年比伸び率が全国1位となった。3月18日に確定した、同大の2015年度一般入試志願者数は7,258名。前年の4,917名から2,341名増加し、前年比は147.6%。大学通信の調べによると、これは3月19日現在、調査対象となった私立総合大学104校の中で最高の伸び率となる。

・【阪南大学】阪南大学が車内吊り広告で卒業生を祝福
 阪南大学(大阪府松原市)が3月20日に卒業式を挙行するにあたり、同大卒業生へ向けたユニークな車内吊り広告を掲載している。

・【関西福祉大学】関西福祉大学が3月29日に「高校生のための学びツアー2015」を開催――高校生の進路選択を応援する
 関西福祉大学は3月29日に「高校生のための学びツアー2015」を開催する。これは、看護・福祉・心理・教育・保育の分野に興味があり、これらの分野に進みたいと考えている高校生のためのイベント。人生の中で重要な進路選択をする高校生を応援するため、各分野をより知ってもらい、意欲を高めてもらいたい、という思いが込められた、同大で開催する初めての企画。参加無料、要事前申込み。

・【関西福祉大学】関西福祉大学が兵庫県上郡町と包括連携協定を締結
 関西福祉大学と兵庫県上郡町は平成27年2月23日に包括連携協定を締結した。これまでに同大の所在する兵庫県赤穂市と上郡町は「東備西播定住自立圏」を形成し、同大と相互に協力関係を築いてきた。今回の包括連携協定の締結により、関西福祉大学の自治体との協定は、赤穂市、備前市に続き3例目となる。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)