タカラトミー、iPadと専用キューブで遊ぶ新たなデジタルトイ4/23発売

趣味・娯楽 その他

タカラトミー キューブタッチ紹介ページ
  • タカラトミー キューブタッチ紹介ページ
  • キューブタッチの特徴
  • キューブタッチの特徴
  • タカラトミーが進めるJOUJOUシリーズ
 タカラトミーは、iPad専用のキューブ型玩具「Cube touch(キューブタッチ)」を4月23日より全国の玩具専門店、百貨店、量販店玩具売場、タカラトミー公式ショッピングサイトにて順次販売する。

 キューブタッチは、遊びを通して子どもの成長を育む遊育トイシリーズ「JOUJOU(ジョジョ)」の新シリーズ第1弾として販売されるもの。一方的な動画視聴などと異なり、専用の立体物(キューブ)をつかみ、押す引くひねるなど能動的な遊びを通して、子どもの成長を育むおもちゃだ。

 遊ぶには10個のデジタルスタンプキューブとiPadを使用。キューブには、静電マルチタッチ技術を搭載している。ブロックを介して画面に触れることで、疑似的にディスプレイを複数の指で同時接触した状態を作り出す技術で、これにより各キューブでiPadの画面にタッチするとそれぞれ違ったアクションを起こすしくみ。

 今回は、「まち」「いきもの」の2種類発売される。希望小売価格は各2,700円(税抜)。合わせて、iPad専用アプリ「JOUJOU Cube touch」も配信される。「まち」「いきもの」ともに4つのステージと5つのミニゲームが付いており、子どもたちが指を使うことで脳を刺激するような遊び要素がたくさん詰まっているという。

 現在、学校や自宅教育でのタブレット端末普及や、2020年までに小学生に一人一台タブレットを支給するという文科省の方針が打ち出されるなど、知育玩具を取り巻く市場は大きく変化している。近年、iPadで子どもに動画を見せる、ゲームをさせるなど子育て家庭にも普及しているという。タカラトミーでは、驚きや不思議を提供する次世代のプリスクールトイを今後も提案していくという。

◆Cube touch(キューブタッチ)
種類:2種「まち」「いきもの」
希望小売価格:各2,700円(税抜)
対象:3歳以上
商品内容:キューブ10個、取扱説明書(iPadは別売り)
取扱場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップなど

◆専用アプリ JOUJOU Cube touch
提供形態:iOS・AppStore(iPad)
価格:無料
対応端末:iOS7.1以降のiPad
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)