ディズニー、パークの野菜農園を自社生産目指す…山梨県

趣味・娯楽 その他

山梨県北杜市の野菜農園
  • 山梨県北杜市の野菜農園
  • 山梨県北杜市の野菜農園
東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランド(千葉県浦安市)は、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのパーク内で使用するトマト、ミニトマト、パプリカについて2017年度以降、自社生産を目指すことを決定した。それに伴い、千葉県袖ヶ浦市の農園に続いて、山梨県北杜市の約3haの土地に新たに野菜農園を設立するという。

山梨県の北杜市は非常に長い日照時間と昼夜の寒暖差で知られ、高品質な野菜類の生産にとって最適な地域。当該農園では、室温、湿度、二酸化炭素濃度などの環境を制御するシステムを駆使した太陽光利用型の植物工場を併設することで、トマト、ミニトマト、パプリカなどを季節や天候に関係なく安定的な生産を目指す。年間約250tの収穫を予定する。

すでに株式会社オリエンタルランドは千葉県袖ヶ浦市において野菜類の自社生産を行っており、今回の山梨県北杜市の農園と合わせたトマト、ミニトマト、パプリカの総生産量は、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー両パークの飲食施設における年間使用量を十分に満たすという。パークで提供する野菜類は、すべて自社生産のそれになる予定だ。

山梨県北杜市は舞浜に比較的近いため、完熟状態の高い鮮度の野菜類を断続的に供給可能な立地的なメリットも。また、同社は今後、東京ディズニーリゾートで使用する野菜類などの自社生産の研究開発を推進し、食体験を通じた価値の向上に努めていくとしている。

<山梨県北杜市の野菜農園概要> ※写真は千葉県袖ケ浦市の農園のものです

場所 :山梨県北杜市

敷地面積 :約3ha

栽培品目 :トマト、ミニトマト、パプリカ

年間生産量 :約250t

生産方法 :太陽光利用型の養液栽培

生産開始 :2017年度(予定)

※千葉県袖ヶ浦市の農園は、0.5haの土地にて約100tのトマト、ミニトマトを自社生産しており、パークの一部の飲食施設で使用を開始しています

※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney

【ディズニー】パークに供給する野菜農園を山梨県に設立!

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)