ロボットRomoでプログラミング体験…無料モニター100人募集

教育ICT ソフト・アプリ

Romo
  • Romo
  • Romoの機能紹介
  • Romoの機能紹介
  • Romoの機能紹介
  • Romo公式サイト
  • Romo 100人モニターキャンペーン
 エデュケーショナルロボットRomo(ロモ)を無料体験できる「Romo100人モニターキャンぺーン」が、3月26日から4月19日まで開催される。同キャンペーンは、Romoを使ってプログラミングの基礎を体験しアンケートに答えるモニター企画。

 Romoは、iPhoneやiPod touchとつなげることで駆動する体感型の知育ロボット。簡単な操作で子どもにも動かすことができるため、親子で遊びながらプログラミングの仕組みを視覚的に学習することができるという。

 専用アプリをダウンロードすると、アプリが脳の役割を果たしiPhoneやiPod touchの画面に表情を映し出す。さらに接続するとキャタピラで前後左右に移動できるほか、スマートフォン内蔵カメラを利用して人の顔や物を認識して追いかけたり、線の上をたどることもできる。また、Wi-Fi経由で世界のどこからでもRomoにアクセスすることができ、リモートでRomoを動かしたり、写真撮影をすることも可能だという。

 今回のモニターキャンペーンでは、難しいと思われがちなプログラミングの仕組みを、Romoをきっかけとして楽しく学び、Romoを動かすために試行錯誤することで、子どもの表現力や考える力を養うことを目的としているという。

 モニターの応募条件は、子どもがRomoに触れ動かすようすを動画投稿できる人で、モニター後にアンケートに答えることができる人となっている。また、Romoを動かすにはiPhoneまたはiPod touchが必要。モニター募集期間は3月26日~4月19日まで。モニター期間は4月23日~5月18日となっている。

◆Romo100人モニターキャンペーン概要
募集期間:2015年3月26日(木)~4月19日(日)23:59まで
モニター期間:2015年4月23日(木)~5月18日(月)
抽選結果告知方法:メールにて連絡
モニター条件:
・子どもがRomoで楽しんでいるようすや親子でRomoを使っている動画(1分程度)などをモニター期間に2回以上youtubeに投稿できる
・モニター後アンケートに答えることができる
・iPhone4、4S、5、5S、5CまたはiPod Touch第4世代、第5世代を持っている
応募方法:Romo公式サイトの申込フォームより応募
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)