タカラトミー、次世代ベーゴマ最新作ではスマホとの連携も

デジタル生活 その他

東京・秋葉原で4月15日に開催された「ベイブレードバースト」記者発表会のようす
  • 東京・秋葉原で4月15日に開催された「ベイブレードバースト」記者発表会のようす
  • 東京・秋葉原で4月15日に開催された「ベイブレードバースト」記者発表会のようす
  • 東京・秋葉原で4月15日に開催された「ベイブレードバースト」記者発表会のようす
  • 東京・秋葉原で4月15日に開催された「ベイブレードバースト」記者発表会のようす
  • 東京・秋葉原で4月15日に開催された「ベイブレードバースト」記者発表会のようす
  • 東京・秋葉原で4月15日に開催された「ベイブレードバースト」記者発表会のようす
  • 東京・秋葉原で4月15日に開催された「ベイブレードバースト」記者発表会のようす
  • 東京・秋葉原で4月15日に開催された「ベイブレードバースト」記者発表会のようす
タカラトミーは4月15日、東京・秋葉原で次世代ベーゴマ最新作「ベイブレードバースト」を発表。NFCチップを内蔵し、「相手をぶっ壊すまで闘う」という楽しさや、スマートフォンなどとの連携によるデータ連動といったコミュニケーション機能を新たに取り入れた。

このベイブレードバーストには、自動車のECUや加速度センサーなども製造する村田製作所の極小NFC(近距離無線通信技術)チップが搭載され、データの読み書きを可能とし、「自分だけのコマ」という個性を持たせるという。コマ本体と発射装置(ライトランチャー)、スマホ連動デバイス(ベイロガー)のセットは2200円。7月下旬から全国で発売される。

発表会見でタカラトミー副社長のH.G.メイ氏は、「タカラトミー90年の歴史のなかで“もっとも理想的なおもちゃ”。国境や言葉の壁を越えて世界中が夢中になるはず」と話していた。「国内発売後に海外でも順次展開し、2008年発売の第2世代(全世界出荷数約1億9千万個)を上回る販売を目指す」(同社)という。

村田製作所のNFCチップを搭載、相手をぶっ壊すまで闘う“次世代ベーゴマ”

《大野雅人@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)