【学校ニュース】青山学院大学、法政大学、関西福祉大学

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。5月8日は青山学院大学、法政大学、関西福祉大学の情報を紹介する。青山学院大学が2016年度入試で「TEAP」を出願資格として採用など。

・【青山学院大学】青山学院大学が2016年度入試で「TEAP(アカデミック英語能力判定試験)」を出願資格として採用
 青山学院大学は2016年度入学試験から、大学教育に必要な英語運用能力を測る試験「TEAP(アカデミック英語能力判定試験)」を出願資格として採用する。対象となるのは文学部英米文学科、総合文化政策学部、地球社会共生学部の一般入学試験、自己推薦入学試験など。事前にTEAPを受験し、学科が設定している出願資格の基準点をクリアしていれば、入学試験当日は外国語(英語)の試験は免除され、学科が指定するそれ以外の科目を受験することになる。

・【法政大学】「タニタ式」健康講座や「100円朝食」も実施――法政大学が「食生活みなおし週間」を開催
 法政大学学生センターでは5月11日~15日まで、在学生を対象とした課外教養プログラム「食生活みなおし週間」を市ケ谷キャンパス(東京都千代田区)・多摩キャンパス(同町田市)・小金井キャンパス(同小金井市)の3キャンパスで開催する。

・【関西福祉大学】関西福祉大学が5月23日に「第1回 地域連携フォーラム『地域の力をつなぐ』~くらし、いのち、学び~」を開催
 関西福祉大学は5月23日に「第1回 地域連携フォーラム『地域の力をつなぐ』~くらし、いのち、学び~」を開催する。これは、「福祉」「教育」「看護」という視点から、同大が地域における課題に共に取り組み、「地域住民の幸せづくり」を目的としたもの。studio-L代表でコミュニティデザイナーの山崎亮氏が基調講演を行うほか、社会福祉学部、発達教育学部、看護学部のそれぞれのテーマに分かれ分科会を行う。参加費無料、要事前申込み(定員500名)。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)