陸上国内トップレベル選手による、かけっこジュニアクラブ始動

趣味・娯楽 スポーツ

モンテローザ陸上競技部選手
  • モンテローザ陸上競技部選手
  • モンテローザ陸上競技部ホームページ
 「白木屋」「魚民」「笑笑」などを展開するモンテローザの陸上競技部は、新たな取組みとして子どもたちを対象に「モンテローザジュニアクラブ」を開講し、月4回の「かけっこ教室」を実施する。

 同クラブは、社会貢献の一環として小学5・6年生を対象に行われるもの。すべてのスポーツの基本となる「走ること」に着目し、ゲーム感覚をとりいれた練習メニューなど、かけっこが速くなるために必要な練習を子どもの成長に合わせて行うことで、さまざまなスポーツにつながる力をバランスよく身につけるという。

 講師は、2012年日本選手権優勝の実力を有し世界大会でも活躍する、同社陸上競技部の八幡賢司選手が担当。現役トップ選手と一緒に練習を行うことで、子どもたちにスポーツへの興味を持ってもらい、スポーツを始めるきっかけを提供することを目的としている。

 同クラブは毎週月曜、16時から17時に開催。小学5・6年生が対象だが、小学1年生から4年生も状況により参加可能だという。2015年4月~2016年月までの会員制で入会費は無料。毎回施設利用料240円(税込)のみ必要となる。申込みは随時可能。希望者はメールにて申し込む。

◆モンテローザジュニアクラブ「かけっこ教室」
日時:2015年4月~2016年3月 毎週月曜日/16時~17時(月4回開催)
場所:世田谷区総合運動場陸上競技場(雨天時は休講または日程変更)
対象:小学5・6年生(1~4年生も状況により参加可能) ※1年間の会員制。継続可能
定員:30名
入会費:無料(施設利用料、1時間税込240円が別途必要)
申込方法:メールにて随時受付け
申込先:mac.jr@monteroza.co.jp(氏名・年齢(学年)・性別・保護者氏名・住所・緊急連絡先を明記のうえ応募)※@は半角
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)