部活動に関するニュースまとめ一覧

室内で野球の自主練できる「インパクトスウィングバット」 画像
趣味・娯楽

室内で野球の自主練できる「インパクトスウィングバット」

フィールドフォースは、少ないスペースで野球の自主練ができる「インパクトスウィングバット」を発売した。

バーチャル高校野球、各都道府県の独自大会をライブ中継 画像
趣味・娯楽

バーチャル高校野球、各都道府県の独自大会をライブ中継

 朝日新聞社と朝日放送テレビは共同で、運動通信社が運営するスポーツメディアSPORTS BULL(スポーツブル)内で展開する「バーチャル高校野球」にて、各都道府県の高校野球独自大会を2020年7月1日よりライブ中継する。視聴はすべて無料。

【高校受験2021】埼玉県公立高、出題範囲を縮小 画像
教育・受験

【高校受験2021】埼玉県公立高、出題範囲を縮小

 埼玉県教育委員会は2020年6月30日、2021年度(令和3年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜における中学校の臨時休業などを踏まえた配慮事項について発表した。学力検査の出題範囲は、中学3年生の学習状況により出題範囲を縮小する方向で検討しているという。

合唱活動の感染防止ガイドライン策定、全日本合唱連盟 画像
生活・健康

合唱活動の感染防止ガイドライン策定、全日本合唱連盟

 全日本合唱連盟は2020年6月29日、「合唱活動における新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドライン(第1版)」を策定した。練習時の団員の距離は「前後2m以上、左右1m以上」とし、マスクは「着用が望ましい」としている。

神奈川県立高校、7/13より通常登校…1か月半前倒し 画像
教育・受験

神奈川県立高校、7/13より通常登校…1か月半前倒し

 神奈川県教育委員会は2020年6月24日、県立高校などの段階的な再開の期間などを変更し、「通常登校」を予定より早めて7月13日から実施すると発表した。6月29日から7月4日までは「時差短縮I」、7月6日からは「時差短縮II」となる。

UNIVAS、大学スポーツ活動再開ガイドライン公開 画像
生活・健康

UNIVAS、大学スポーツ活動再開ガイドライン公開

 大学スポーツ協会(UNIVAS)は2020年6月18日、スポーツ庁の助言を受けて作成した「新型コロナウイルス感染症対策としての『UNIVAS大学スポーツ活動再開ガイドライン』」を公開した。

大学生の生活時間、授業は週17時間…スマホ13時間 画像
教育・受験

大学生の生活時間、授業は週17時間…スマホ13時間

 大学3年生の平均的な1週間の生活時間は、「授業への出席」が17時間ともっとも長く、「スマートフォンの使用」13時間が続き、33%がスマートフォンを16時間以上使用していることが、文部科学省が2020年6月16日に発表した「全国学生調査(試行実施)」より明らかになった。

休校で「教育格差」6割、部活の大会開催すべき…18歳意識調査 画像
教育・受験

休校で「教育格差」6割、部活の大会開催すべき…18歳意識調査

 日本財団が行った18歳意識調査によると、長引く休校によりもっとも困ったことについて、3分の1が「学業」と回答し、6割近くが休校により学業格差を感じていることが明らかになった。また、7割近くの人が部活動の大会開催を求めた。

児童生徒・保護者向け「学校再開Q&A」公開、文科省 画像
教育業界ニュース

児童生徒・保護者向け「学校再開Q&A」公開、文科省

 新型コロナウイルスの対応として、文部科学省は2020年6月15日、Webサイトに「学校再開等に関するQ&A」を公開した。児童生徒や保護者に向けて、感染対策、臨時休校の判断、休校中の家庭学習、入試への配慮、部活動の実施などについて、情報や見解をまとめている。

【高校受験2021】奈良県公立高、3教科で出題範囲縮小 画像
教育・受験

【高校受験2021】奈良県公立高、3教科で出題範囲縮小

 奈良県教育委員会は2020年6月11日、新型コロナウイルス感染症にかかる対応方針を公表した。2021年度(令和3年度)公立高校入学者選抜の学力検査については、中学3年生の71.8%が学習に不安を感じている実態を考慮し、社会・数学・理科の3教科で出題範囲を縮小する。

野球部の高校3年生に「甲子園の土」贈呈…阪神・甲子園球場 画像
生活・健康

野球部の高校3年生に「甲子園の土」贈呈…阪神・甲子園球場

 阪神甲子園球場と阪神タイガースは2020年6月8日、日本高等学校野球連盟に加盟する野球部の3年生全部員を対象に、「甲子園の土」キーホルダーを贈呈すると発表した。キーホルダーは8月下旬ごろより順次、対象となる学校に直接配送される。

中高生に活躍の場を…日本陸連、競技会を10月に開催 画像
教育・受験

中高生に活躍の場を…日本陸連、競技会を10月に開催

 日本陸上競技連盟は2020年6月4日、中学生・高校生の全国大会中止に伴う連盟主催競技会の対応を発表。中学生、高校生の活躍の場として、連盟主催で2つの競技会を2020年度に限り開催することとした。

大学の部活動・サークルを探せる「新勧チラシ」オンライン掲載 画像
デジタル生活

大学の部活動・サークルを探せる「新勧チラシ」オンライン掲載

 イオレは2020年5月22日、新型コロナウイルス感染拡大による大学の課外活動自粛措置を受け、全国の大学の部活動・サークルを探せる「新入生勧誘チラシ」のオンライン掲載を開始した。

アスリートによる高校生応援企画、インターハイ中止受け開始 画像
生活・健康

アスリートによる高校生応援企画、インターハイ中止受け開始

 インハイ.tvと全国高等学校体育連盟は2020年5月26日、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)全30競技の部活動を行う高校生に向け、アスリートや全国の有志からのエールを届ける「明日へのエールプロジェクト」を開始する。

【高校野球2020夏】コロナ影響、戦後初の中止決定 画像
生活・健康

【高校野球2020夏】コロナ影響、戦後初の中止決定

 第102回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)について、日本高等学校野球連盟と朝日新聞社は2020年5月20日、開催の中止を正式に発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、第92回選抜高等学校野球大会(春のセンバツ)に続き、開催を断念した。

【高校野球2020夏】中止による経済損失は約672億円 画像
生活・健康

【高校野球2020夏】中止による経済損失は約672億円

 第102回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)が中止になった場合に失われる経済効果が、約672億4,415万円にのぼることが2020年5月19日、関西大学の宮本勝浩名誉教授による試算結果から明らかになった。アマチュアスポーツ大会の中で最高額の損失と推定されるという。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 最後
Page 1 of 20
page top