ほたるの見頃、東・西日本の広い範囲で5月下旬~6月中旬

趣味・娯楽 その他

ほたる前線マップ
  • ほたる前線マップ
  • ほたるのヒカリ
  • ほたるスポット検索
  • 都道府県別のほたる出現傾向
 ウェザーニューズは5月15日、ほたるの出現傾向を発表した。今年は全国的に昨年より早めにほたるが出現する傾向にあり、すでに九州や四国の広い範囲で出現し、中国・近畿・東海の一部でもほたるが飛び始めているという。

 ほたるは晩冬~春の気温が高いほど羽化が早まり、ほたるが飛び始める時期も早くなることから、今年は例年と比べて3~5日程度ほたるの出現が早まるところが多くなりそう。

 九州や四国ではすでに出現し、中国・近畿・東海の一部エリアでもほたるが飛び始めている。5月中に関東南部や北陸、6月に関東北部以北でほたるが現れはじめ、5月下旬~6月中旬には西~東日本の広い範囲で見頃を迎える見込み。

 北日本は晩冬~春にかけての気温が高く、この先も平年並かやや高めの予報であることから、ほたるの出現は例年に比べ1週間程度早まりそう。北海道や東北北部で見頃を迎えるのは6月下旬~7月になると予想される。

 スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」では、ほたるの見頃をスマホにお知らせするサービス「ほたるのヒカリ」の事前登録を開始。また、全国100か所から地域別に名所を検索できる「ほたるスポット検索」をオープンした。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)