ASUS、高精細液晶搭載の8型Androidタブレットなど発表

デジタル生活 モバイル

「ZenPad」シリーズの上位モデルで高精細液晶搭載の8型「ZenPad S 8.0」
  • 「ZenPad」シリーズの上位モデルで高精細液晶搭載の8型「ZenPad S 8.0」
  • ディスプレイは2,048×1,536ピクセル
 ASUSは1日(現地時間)、「COMPUTEX TAIPEI 2015」に合わせた新製品発表会で、新型Androidタブレット「ZenPad」シリーズを発表した。発売日、発売地域、価格などは未定。

 「ZenPad」シリーズでは、液晶サイズごとに「ZenPad 10.1」「ZenPad 8.0」「ZenPad S 8.0」「ZenPad 7.0」の4機種をラインナップ。いずれもOSにAndroid 5.0を搭載し、同社のフラッグシップスマートフォン「ZenFone」と同様、オリジナルのZen UIを採用している。

 上位モデルとなる「ZenPad S 8.0」は、厚み6.6mm、重量298gという薄型軽量化が図られ、ディスプレイに2,048×1,536ピクセルの高精細液晶を搭載。プロセッサにAtom Z3580、メモリ4GBという高スペックモデル。ストレージは16/32/64GBが用意される。スタイラスペンにも対応し、インターフェースとしてUSB Type-Cを採用している。カメラは800万画素/500万画素。本体サイズは幅203.2mm×高さ134.5mm×奥行6.6mm、重量298g。

 そのほかの「ZenPad 10.1」「ZenPad 8.0」「ZenPad 7.0」は、1,280×800ピクセル液晶を搭載するミドルスペックのタブレット。「ZenPad S 8.0」はWi-Fiモデルのみだが、こちらはセルラーモデルもあり、3G向け、LTE向けなど豊富なバリエーションが用意される。「ZenFone」と同じUIで「ZenFone」ユーザーには使いやすいという点も特長だ。

ASUS、高精細液晶搭載の8型「ZenPad S 8.0」など新型タブレット発表

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)