司法試験予備試験 短答式試験の合格率は22.2%…前年より上昇

教育・受験 受験

平成27年 司法試験予備試験短答式試験の結果
  • 平成27年 司法試験予備試験短答式試験の結果
  • 法務省
 法務省は6月11日、平成27年司法試験予備試験短答式試験の結果を公表した。受験者10,334人のうち合格者は2,294人。合格率は前年よりわずかに上昇し、22.2%となった。

 司法試験予備試験は、法科大学院を経由しない者にも法曹資格を取得する道を開くために2011年から実施されている試験。科目は短答式および論文式による筆記試験と口述試験となっている。受験資格に学歴や年齢などの制限はなく、これに合格した者は合格した翌年の4月1日から5年を経過するまでの期間に限り本試験を受験することができる。

 平成27年の予備試験短答式試験は、5月17日に東京をはじめ全国7か所で実施された。試験内容は憲法・行政法、民法・商法・民事訴訟法、刑法・刑事訴訟法、一般教養の4科目。

 出願者数は12,543人、受験者数は10,334人(うち途中欠席88人)で前年の10,347人とほぼ変わらなかった。合格者数は2,294人、合格率は22.2%で前年の19.5%より2.7ポイント上昇。合格点は各科目の合計が270点満点中170点以上で、合格者の平均点は187.5点、最高点は244点であった。

 合格者番号と正解および配点については、試験結果とともにホームページに掲載されている。なお、論文式試験の期日は7月11日と12日、合格発表が10月8日。また口述試験の期日は10月24日と25日、合格発表が11月5日となっている。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)