史上最年少、高3レベル数検準1級に小学2年生が合格

教育・受験 受験

検定のようす
  • 検定のようす
  • 数学検定
  • 数学検定の級とレベル
  • 数学検定準1級について
 日本数学検定協会は7月15日、高校3年生程度の内容である数学検定準1級に東京都在住の小学2年生(受検当時7歳)が最年少で合格したと発表した。1992年に第1回の数学検定を実施して以来、史上最年少記録となる。

 同協会は、6月20日に実施した第269回「実用数学技能検定(数学検定・算数検定)」(団体受検)の受検結果を調査したところ、小学2年生の児童が最年少で合格したことがわかった。これまでの準1級の最年少合格者は、小学6年生(受検当時12歳)であったが、このたび史上最年少記録が塗り替えられた。

 数学検定準1級は、理系範囲の「数学III」を中心に「微分法・積分法」「極限」などの単元から出題され、すべて記述式で解答する。今回の数学検定準1級の受検状況は、受検者数306人、合格者数80人で、合格率は26.1%だった。なお、準1級を含む数学検定2級以上は、文部科学省が行う高等学校卒業程度認定試験(旧「大検」)の必須科目「数学」が試験免除となる階級となっている。

 数学検定準1級に合格した小学2年生の児童は、5歳の頃から数学検定を1つの学習目標に位置づけて数学を学習し、これまで11級(小学校1年程度)から多くの階級に挑戦してきたという。2014年10月には小学1年生で2級(高校2年程度)に最年少合格した。今後はさらに上の1級合格を目指しながら、「新しい数学やおもしろい数学を発明したい」との希望をもって日々数学の学習に取り組んでいるという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)