ロックで子どもの転落防止、防犯と快適さを両立する網戸

生活・健康

ロックをオフにした状態。ロック機構があることで、子供の転落防止などの安全管理にも役立つ(撮影:編集部)
  • ロックをオフにした状態。ロック機構があることで、子供の転落防止などの安全管理にも役立つ(撮影:編集部)
  • 長尾木鋼のブースでデモ展示されていた「SOLID-FLOW」(ソリッドフロー)(撮影:編集部)
  • 網の部分は高強度の0.8mm径のステンレスワイヤーを採用している(撮影:編集部)
  • 「SOLID-FLOW」(ソリッドフロー)をバールで叩く説明員。ビクともしなかった(撮影:編集部)
  • 従来の網戸にはなかったロック機構を備えており、防犯面も安心。写真はロック中の状態(撮影:編集部)
  • 網戸だと簡単に外れるのでは?という固定観念を持ちがちだが、本製品はその点にも配慮して簡単には外れない(撮影:編集部)
 東京ビッグサイトで24日まで開催されていた「第18回 リフォーム産業フェア」にて、長尾木鋼は“破れない網戸”と銘打った「SOLID-FLOW」(ソリッドフロー)のデモ展示を行った。

 網戸というと、一般的にはポリエステルやグラスファイバーなどを想像しがちだが、ソリッドフローは、ステンレスワイヤーを使用。そのため、猫の爪研ぎによる網戸の破損はもちろん、カッターで切られたり、バールで叩かれても破られる心配がないのだ。

 さらに設計思想が、網戸としての機能を活かしつつ、防犯性能も付加したいというものなので、網戸自体にロック機構を設け、施錠することが可能。さらに、ステンレスレールの増設し、内部からは、はずれ止め防止の部品を設置することで、ちょっとやそっとじゃ外れない戸車になっている。

 網の部分に採用されているステンレスワイヤーに関しては、線径0.8mmでナイフによるせん断などにも耐えうるとのこと。ブースには、バールが用意されていて、説明スタッフが思いきり叩いていたがビクともしていなかった。

 ちなみに通常の網戸より、初期費用はそれなりに割高となるが、網戸の張り替えの手間やコスト、防犯面を考慮すれば、集合住宅のオーナー、マンションデベロッパーやハウスメーカーなど、導入するメリッットは十分にあるだろう。個人向けの販売も行っており、サイズや寸法などのフルオーダーも可能だ。

バールで叩いても破れない!? 防犯と快適さを両立する網戸「SOLID-FLOW」

《小菅@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)