【夏休み】河合塾、バイリンガル講師によるサマープログラム

教育・受験 学習

Dalton Children's University
  • Dalton Children's University
  • サマープログラムのテーマ
  • サマープログラム概要
 河合塾は8月5日から8月8日の4日間、小学4年生~6年生を対象にしたプロジェクト学習「Dalton Children's University Summer 2015 Nagoya」を名古屋およびその近郊で開催する。バイリンガル講師や大学生チューターによる5つのプログラムで、合宿型か通学型かを選択する。

 サマープログラムのテーマ「Safe, Brave, Transform」(ひとりひとりの子どもが秘められた才能に気づき、自信を持って挑戦できる)のもと、どのプログラムも子どもたちの最大限の可能性をひきだすドルトンプランを取り入れた多種多様な講座。最終日にはプログラムで学んだことを子どもたち自身がプレゼンテーションを行う。自立して考え、行動する力を獲得し、子どもたちの才能と可能性を開花させるのがねらいだという。一部英語によるプログラムもあるが、英語力は問わない。

 開催場所は名古屋市内および近郊各所。プログラムの内容は開催場所によって異なるため、詳細な内容はWebサイトで確認のこと。

◆サマープログラム「Dalton Children's University Summer 2015 Nagoya」
日時:8月5日(水)~8月8日(土)(合宿型・通学型選択式)※4日間のプログラムにすべて参加可能であること
開催場所:名古屋市内と近郊各所、およびドルトンスクール名古屋(JR中央線・地下鉄東山線千種駅)※宿泊拠点としてメルパルク名古屋(千種駅)
対象:小学4年生~6年生(定員16名)
参加費:合宿型12万円・通学型8万円(授業料・宿泊・食事・教材費の諸経費込み)※通学型には朝・夕食・宿泊費は含まない
申込方法:Webフォームから申し込む。先着順
【プログラム内容】*のついたプログラムは一部英語で実施
・English(Art in English)
*アートと英語が融合した授業。有名な画家による肖像画から表現技術を学び、英語のフレーズを使うことを通して自分自身を絵画と英語で表現
・Experience Science(実験科学:再生可能エネルギーの実験)
*核融合研究所(岐阜県土岐市)を訪問、プラズマの実験施設の見学や実験を行ったうえで、再生可能エネルギーを使い、社会で活用する方法を考える
・Literature(文学:自然との関わりのなかで感性をひきだす文学)
身近な自然と接しながらひとりひとりの感覚や感性を解放し、日ごろの風景を全く違った角度からとらえなおす。自然とのふれあいを通して得られた感覚をもとに一遍の詩を書き発表
・International Economics(国際経済:外国人留学生と考える日本の社会)
*経済学の考え方をゲームで学びながら日本と外国の社会を比較し、自分や日本人ができることをディスカッションし、留学生のサポートのもと、摸擬国際会議で発表
・LAB(大学生チューターとのワークショップ、対話)合宿型のみ
寮制学校のように夜の時間を使い、海外の大学や東大などで研究や課外活動に取り組む大学生チューターと深い対話「LAB」を行う。
《塩田純子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)