新感覚の絵本アプリ「MERRY BOOK ROUND」がJAGDA賞2015を受賞

デジタル生活 ソフト・アプリ

MERRY BOOK ROUND
  • MERRY BOOK ROUND
  • MERRY BOOK ROUND
 子どもも大人も楽しめる新感覚の絵本アプリ「MERRY BOOK ROUND」がJAGDA賞2015を受賞した。ザッパラスが1月17日に提供を開始したもので、子どもと一緒に遊べる知育アプリ「SMART KIDS」レーベルの、自分だけの世界を作れる絵本アプリとなっている。

 「MERRY BOOK ROUND(メリーブックランド)」は、すべて円盤の世界に描かれている少し不思議な絵本で、ゆっくり回りながら話が進んでいく。話を見て聞くことはもちろん、途中で止めてスタンプを押すことや色・音をつけることができるので、オリジナルの世界を絵本の中で作れるというもの。

 聞いて、触って、感じて、考えて、ひらめく。そのひとつひとつが子どもにとって大きな刺激となり、遊んでいるうちに思考力が身に付き、考えることが楽しくなるという。

 話は「赤ずきんちゃん」「くるみ割り人形」「不思議の国のアリス」と全部で3つの話が収録されており、無料版ではそれぞれの試し読みが可能とのこと。また、「SMART KIDS」ではこのほかにも、子どもたちの考える力を伸ばし、想像力をはぐくむことを目的としたアプリを配信している。

 JAGDA賞は2008年に創設され、各年度の優れたグラフィックデザインを表彰するもの。年鑑「Graphic Design in Japan」出品作品の中から、各カテゴリーの高得票作品を対象として数点が選出される。

◆新感覚の絵本アプリ「MERRY BOOOK ROUND」
配信開始日:2015年1月17日
課金体系:無料(アプリ内課金あり)

《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)