【中学受験2016】品女、第3回入試を「表現力総合型」に変更

 品川女子学院中等部は、2016年2月4日の第3回入試を「4科目・表現力総合型」に変更する。サンプル問題が同校のホームページに掲載されている。また、広報部長のページには、学校説明会のキーワードも掲載している。

教育・受験 受験
品川女子学院
  • 品川女子学院
  • 入試要項
 品川女子学院中等部は、2016年2月4日の第3回入試を「4科目・表現力総合型」に変更する。サンプル問題が同校のホームページに掲載されている。また、広報部長のページには、学校説明会のキーワードも掲載している。

 2016年度入試について、日程と募集人数は、第1回が2月1日(100名)、第2回が2月2日(70名)、第3回が2月4日(30名)で例年と変わりない。試験科目は、例年2月4日に4科目で実施してきた第3回を「4科目・表現力総合型」に変更する。第1回と第2回の試験科目に変更はない。

 第3回の試験は、試験I(4科目総合)が120点満点で60分間、試験科目II(読解・論述)が40点満点で50分間実施予定。不合格者への得点開示はない。同校ホームページの入試情報には、過去問をベースに作成した「第3回のサンプル問題」が掲載されている。

 広報部長のページには、学校説明会での校長の話のキーワードを掲載している。未来に必要な力として「志・使命感、問題解決力・内省力・共感力、コミュニケーション能力、英語力、プレゼン力、ITスキル」をあげており、同校の教育で大切にしていることを知ることができる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)