【夏休み】高速道路の渋滞予測、下り8/13・上り8/15がピーク

生活・健康 交通・クルマ

10km以上の渋滞予測回数
  • 10km以上の渋滞予測回数
  • 各社の特に長い渋滞発生予測
  • 渋滞ピーク時間帯の回避効果
  • 日本道路交通情報センターのインフォメーションダイヤル
 日本道路交通情報センターと高速道路各社は7月10日、お盆期間(8月6日~16日)の高速道路渋滞予測を発表した。8月13日~16日に渋滞が多く発生すると予測しており、下り線は8月13日、上り線は8月15日が渋滞のピークという。

 8月6日~16日の11日間に全国で発生する渋滞回数(ピーク時10km以上、事故などの影響を除く)は、下り線が164回、上り線が255回で、ピークは下り線が8月13日の37回、上り線が8月15日の49回と予測される。

 特に長い渋滞発生予測は、東日本が8月13日午前9時頃の関越自動車道・花園インターチェンジ付近(下り線)で45km、8月15日午後6時頃の関越自動車道・高坂サービスエリア付近(上り線)で45km。

 中日本が8月13日午前6時頃の中央自動車道・相模湖インターチェンジ付近(下り線)で35km、8月15日午後5時頃の東名高速道路・大和トンネル付近(上り線)で40km。

 西日本・本州四国が8月13日午前7時頃の中国自動車道・宝塚東トンネル付近(下り線)で35km、8月15日午後6時頃の九州自動車道・広川インターチェンジ付近(上り線)で30kmとなっている。

 高速道路各社では、予測される渋滞発生の時間帯を避けたドライブ計画や比較的渋滞発生の少ない夜間から早朝にかけたドライブ計画を呼びかけ、出発前や利用中も最新の道路交通情報を活用することをすすめている。

 事故や天候などの影響で渋滞が発生する場合があり、道路交通状況は時々刻々と変化する。最新の情報は、日本道路交通情報センターのWebサイト、もしくは同センターのインフォメーションダイヤルで確認できる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)