学研、不正アクセスにより2万人の個人情報が流出

デジタル生活 インターネット

学研ホールディングス
  • 学研ホールディングス
  • 流出の可能性がある個人情報
  • お客様窓口
  • マイガク
 学研ホールディングスは7月13日、学研グループが運営しているウェブサーバーの一部に対して第三者による不正アクセスがあり、2万2,108人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。流出情報がネット上で拡散していないことを確認しているという。

 不正アクセスの経緯について、第三者調査機関より7月8日午後2時10分頃に、学研グループが運営しているサイトからの情報流出について指摘が入ったため、直ちに調査を開始したところ、不正アクセスの痕跡があったことを確認。7月10日午後3時7分までに不正アクセスを受けたサイトのサービス停止を行い、流出した可能性のある情報の調査を開始した。

 流出の可能性がある個人情報は、学研教育出版が提供している高校生対象のeラーニング教材「マイガク」サービス利用者のうち、旧サイトに登録のある方(2012年4月9日~2015年4月27日に登録した方)2万2,108人。受講生のカタカナ氏名と学校・塾名、マイガクの閲覧認証用ID・パスワードなどの情報が流出した可能性があるが、個人の住所や電話番号、成績などの情報は含まれていないという。

 また、今回の不正アクセスにより、「ママノート」「保育CAN」「保育CANカタログ」は、記事情報や商品情報、画像の流出の可能性があるが、サイトの改ざんはない。

 同社は、お客様窓口を設置し、個人情報の流出した可能性のある「マイガク(旧サイト)」を利用している学校や塾に報告した。今回の事態を厳粛に受け止め、原因の徹底究明とセキュリティシステムの脆弱性対策などの再発防止策を強化するとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)