【高校野球2015夏】早稲田実業、5年ぶりの西東京代表

全国高校野球選手権西東京大会は7月26日、決勝で早稲田実業が東海大菅生を8-6で下し、5年ぶり29度目の甲子園出場を決めた。今大会の早実は1年生の清宮幸太郎がスーパールーキーとして大きな注目を集めたが、最後はチームでつないだ。

趣味・娯楽 スポーツ
早稲田実業学校
  • 早稲田実業学校
  • 甲子園球場
全国高校野球選手権西東京大会は7月26日、決勝で早稲田実業が東海大菅生を8-6で下し、5年ぶり29度目の甲子園出場を決めた。

早実は八回が始まる時点で0-5と大きくリードされ、ここからの逆転は難しいものと思われた。だが攻撃の前に監督、選手で円陣を組み気合いを入れ直す。

驚異的な粘りで同点に追いつくと、さらに満塁のチャンスで玉川遼が押し出し四球を選び、ついに5点差を引っ繰り返す。今大会の早実は1年生の清宮幸太郎がスーパールーキーとして大きな注目を集めたが、最後はチームでつないで甲子園出場を決めた。

5点差を引っ繰り返しての優勝に高校野球ファンも、「早実の勝ち方かっこいい」「どんな試合でもそうではあるんだけど、こういう終了間際の大逆転劇だと勝った方は喜びもひとしおだし、負けた方は相当つらいだろな」など手に汗握ったようだ。

また、今大会は清宮が事前から大きな注目を集めたため、報道が早実一色になってしまったことに、「特に8回からは球場の雰囲気が早実一色だったね。菅生には少し気の毒だった」「観客の多くは清宮が見たくて球場に行ってるから仕方ないけど、菅生はかわいそうだったな。3年間必死に頑張ってきて、最後に敵役の雰囲気で試合をするのは辛かったと思う」と、敗れた東海大菅生を気遣う意見も見られた。

【高校野球】早実が5点差を逆転、5年ぶりの西東京代表

《岩藤健@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)