校内マラソンのタイム計測を簡易化、新システム8/1登場

 ランニングの総合サービスを提供するアールビーズは、従来シティマラソンなどに提供してきたタイム計測システムを小・中・高校で行われる校内マラソン向けにカスタマイズした「Runners School Timing(ランナーズ・スクールタイミング)」を8月1日より提供開始する。

趣味・娯楽 スポーツ
Runners School Timingの計測システム
  • Runners School Timingの計測システム
  • Runners School Timing
 ランニングの総合サービスを提供するアールビーズは、従来シティマラソンなどに提供してきたタイム計測システムを小・中・高校で行われる校内マラソン向けにカスタマイズした「Runners School Timing(ランナーズ・スクールタイミング)」を8月1日より提供開始する。

 アールビーズが2014年秋に実施した中・高校の校内マラソンに関するアンケートによると、校内マラソンを実施している学校では記録計測や順位の集計、安全管理、コース設定などに労力がかかっており、特に記録計測は手動で行うため上位生徒のタイムや順位の計測に留まっている現状が明らかになったという。

 これらの現状を踏まえ、子どもたちにマラソンの達成感を味わってもらうことや体力向上に貢献することを目的として「Runners School Timing」を開発。同システムは、シティマラソンなどで提供してきた記録計測システムを少量の機材と人材で運用できるようカスタマイズしたもので、生徒ひとりひとりが「ランナーズチップ」を装着し計測用マットの上を通過することでタイムを測定、順位、タイムは一覧データ化される。

 これにより、全生徒のタイムと順位の計測ができ、生徒全員の記録証の発行なども可能になるという。料金は計測人数によって変動し、計測チップレンタル、機材使用のほか、スタッフ派遣、データ作成作業などの運営サポートも行ってくれるという。

◆Runners School Timing
サービス内容:計測チップレンタル、計測機材使用、スタッフ派遣、データ作成作業代行
料金:計測人数により変動。生徒400名の場合1人あたり400円。1,000名の場合1人あたり310円。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)