スヌーピーミュージアムが六本木に2016年3月誕生

趣味・娯楽 その他

スヌーピーミュージアム イメージパース (c) 2015 Peanuts Worldwide LLC
  • スヌーピーミュージアム イメージパース (c) 2015 Peanuts Worldwide LLC
  • Photo by Rick Samuels courtesy of the Charles M. Schulz Museum and Research Center (c) 2015 Peanuts Worldwide LLC
 シュルツ美術館と「PEANUTS」(以下ピーナッツ)の日本国内エージェントであるソニー・クリエイティブプロダクツが、2016年3月「スヌーピーミュージアム」を港区六本木に開館する。

 このミュージアムは、スヌーピーたちが活躍するコミック「ピーナッツ」世界最大の原画コレクションを誇る、シュルツ美術館(正式名称:チャールズ・M・シュルツ美術館&リサーチセンター)初のサテライト(分館)となる。

 「ピーナッツ」の原画をはじめ、作者チャールズ・M・シュルツ氏の初期の作品、貴重なヴィンテージグッズや資料などが展示され、展示内容は6か月ごとに入れ替わる。また、敷地内にはモニュメントや楽しい仕掛けが施され、ハロウィンやクリスマスなど、季節に応じた多彩なイベントも開催されるとのこと。

 ミュージアムショップでは、限定品やオリジナルグッズが販売されるほか、カフェでは「ピーナッツ」にちなんだスペシャルメニューを楽しむこともできる。

 なお、この「スヌーピーミュージアム」は、2018年9月までの期間限定で開館を予定している。

◆スヌーピーミュージアム
開館:2016年3月から2018年9月(予定)
住所:東京都港区六本木5丁目6番地
※入場券の販売方法や展示内容の詳細については、12月に発表予定
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)