【夏休み】首都高の渋滞ピークは8/6・7、レジャースポット周辺は8/13-16

生活・健康 交通・クルマ

首都高の渋滞(資料画像)
  • 首都高の渋滞(資料画像)
  • 渋滞予想カレンダー
首都高速道路は、お盆期間を含む8月の渋滞予想を取りまとめた。

それによると、首都高では、お盆期間に入る前の8月6日(木)・7日(金)に渋滞が特に多くなる見込み。首都高の渋滞の特徴として、月変動では8月に増加、曜日変動では金曜日に増加する傾向があるが、これらが重なるお盆前の金曜日が年間でもトップクラスの渋滞が発生する見込みだ。なお、昨年度の渋滞ランキングでは、お盆期間に入る前の8月8日(金)が1位、8月7日が4位だった。

また、お盆期間の8月13日(木)から16日(日)は、通常の平日よりも渋滞は比較的少ない見込みだが、東池袋出口、葛西出口、浦安出口、川崎浮島JCT(アクアライン方面)、幸浦出口、みなとみらい出口など、レジャースポット等の周辺で渋滞が予想される。

例えば、川崎浮島JCTではアクアライン方面からの渋滞が6時から13時頃まで発生すると予想。羽田空港へ向かう場合は、渋滞状況により1号羽田線の空港西出口(下り)、羽田出口(上り・下り)の利用が早い場合がある。

首都高速道路では、「渋滞予想カレンダー」のリーフレットを各PAに配置。レジャーの計画を立てる際などに活用してほしいとしている。

首都高、8月の渋滞ピークは6日・7日…13日~16日はレジャースポット周辺が混雑

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)