調布市、全20校の通学路を撮影する防犯カメラ設置

教育・受験 学校・塾・予備校

全国的に防犯カメラ設置の動きが進んでいる。東京都では都による指定通学路への設置費補助による導入推進に加えて、各自治体が指定通学路以外への設置運用箇所も追加で選定するといった動きもある(画像は公式Webサイトより)
  • 全国的に防犯カメラ設置の動きが進んでいる。東京都では都による指定通学路への設置費補助による導入推進に加えて、各自治体が指定通学路以外への設置運用箇所も追加で選定するといった動きもある(画像は公式Webサイトより)
  • 通学路などに防犯カメラを設置することで、犯罪抑止効果に加え、仮に事件やトラブルが起きた際にも映像を手がかりに行方不明の子供の保護や容疑者逮捕に繋げるといった効果も期待できる(撮影:防犯システムNAVI取材班)
 調布市は20日、平成27年度に市内の市立小学校全20校の学校敷地内から周辺通学路を撮影する防犯カメラの設置を予定していることを発表した。

 登下校中の児童を犯罪から守るための抑止力として、通学路への防犯カメラ設置は全国的な流れとなっている。

 その一方で、防犯カメラの設置は、住民のプライバシーを侵害しかねないという課題も出ており、調布市でも住民のプライバシー保護など適正な管理を行ったうえで、防犯カメラの設置・運用を進めていくとのこと。

調布市内の小学校、全20校の通学路を撮影する防犯カメラ設置

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)