フェリシモ、イザというとき防災グッズになる6アイテム発売

生活・健康 その他

普段使いも意識した6種類の製品が毎月届けられるというユニークな製品となる(画像はプレスリリースより)
  • 普段使いも意識した6種類の製品が毎月届けられるというユニークな製品となる(画像はプレスリリースより)
  • ブランケットやクッションなどとして使える「防災加工のクッションブランケット」(画像はプレスリリースより)
  • 撥水加工で簡易テントやタープとしても使える「目隠しにもなるポンチョ」(画像はプレスリリースより)
  • 方位磁石付きで手回し充電式の「持っても置いても使えるライト」(画像はプレスリリースより)
  • エアマットとアルミブランケットの「いざという時の寝るセット」(画像はプレスリリースより)
  • 折りたたみ式大容量水タンクと軍手などの「防災基本セット」」(画像はプレスリリースより)
 フェリシモは25日、防災グッズ「スペースエマージェンシーキット」を8月中旬より予約発売を開始した。

 9月1日の防災の日にちなみ、普段の生活でも活用できて、災害時には防災グッズとして活用できる製品を、毎月1アイテムずつ6か月かけて販売する。1アイテムずつ料金を支払っていく形で、事実上の分割払いでの購入となる。ただし、原則として途中解約はできない。

 内容としては、ブランケットやクッション、頭巾として使える「防災加工のクッションブランケット」、撥水加工で簡易テントやタープとしても使える「目隠しにもなるポンチョ」、方位磁石付きで手回し充電式の「持っても置いても使えるライト」、エアマットとアルミブランケットの「いざという時の寝るセット」、折りたたみ式大容量水タンクと軍手などの「防災基本セット」の5製品をすべてを収納できる「軽量だけど大容量の頼れるリュック」の6製品で構成されている。

 価格は月々2,000円(税別)×6か月となるが、現在、発売記念価格として、1,200円(税別)×6か月で販売されている。

フェリシモ、普段使いもできる防災グッズ「エマージェンシーキット」が発売

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)