あったらいいな、未来のくるま…15歳以下の作品を募集

生活・健康 交通・クルマ

くるまマイスター検定
  • くるまマイスター検定
  • 未来のくるまの絵コンテスト
 日本マイスター検定協会による「くるまマイスター検定」は、15歳以下の幼児、小学生、中学生を対象に「未来のくるまの絵コンテスト」を実施する。作品応募締切りは11月29日。存在したら良いと思う「くるま」のイラストを提出する。

 くるまマイスター検定は、幅広い人に「くるま」への興味を促し、「くるま」文化の醸成に貢献することを目的として日本マイスター検定協会が行う検定試験。今後のくるま産業を背負って立つ若者を輩出すべく、中学生以下を対象とした「ジュニアクラス」が設けられている点が特徴。

 同検定は、国内に住む15歳までの幼児、小学生、中学生を対象に、「あったらいいな、乗ってみたいな、と思う未来のくるま」をテーマとしたイラストを募集するコンテストを開催する。審査は同協会およびくるまマイスター検定応援団長のテリー伊藤氏が行う。最優秀「応援団長賞」1点は、次回行われる公式ガイドブックに作品が掲載される。

 作品応募締切りは11月29日。作品は、締切り日まで郵送で申し込むか、11月29日に行われる「第3回 くるまマイスター検定」試験会場で提出する。なお、試験会場での提出は同検定の受検者に限る。

 第3回 くるまマイスター検定の応募はWeb申込みフォームより行う。試験会場は、東京・名古屋(トヨタ博物館)・大阪・仙台・福岡・八戸。検定やコンテスト詳細はWebサイトで閲覧できる。

◆未来のくるまの絵コンテスト
応募作品テーマ:「あったらいいな、乗ってみたいな、と思う未来のくるま」
対象:国内15歳以下の幼児、小学生、中学生
応募締切り:11月29日(日)
応募要領:紙サイズはA3(297ミリ×420ミリ)程度以内。画材は自由。PCなどで作成した場合はプリントアウトしたものを提出する。
応募方法:郵送、または11月29日(日)くるまマイスター検定試験会場で提出※受験者に限る
《佐藤亜希》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)