子どもと高齢者を守ろう、秋の全国交通安全運動9/21から

生活・健康 交通・クルマ

ポスター
  • ポスター
  • ポスター
 平成27年秋の全国交通安全運動が9月21日~30日に実施される。平成27年秋は「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本とする。また、「交通事故死ゼロを目指す日」が9月30日に実施される。

 全国交通安全運動は、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけ、交通事故防止の徹底を図ることが目的。通学中の児童が死傷する交通事故が発生していること、また、高齢者の交通事故死者数が交通事故死者数全体の半数以上を占めることから、平成27年秋の交通安全運動では「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本とする。

 秋は日没時間が急速に早まり、夕暮れ時や夜間に重大事故につながるおそれのある交通事故が多発することなどから、「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」「後部座席を含めたすべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」「飲酒運転の根絶」の3点を全国重点とする。夕暮れからは反射材が有効であるとして、早めのライト点灯と反射材用品などの着用を推進している。

 また、全国交通安全運動期間中に実施される「交通事故死ゼロを目指す日」は、交通安全に対する国民の意識を高めるため、平成20年1月に新たな国民運動として設けることとされた。国民ひとりひとりが交通ルールを守り、交通マナーを実践するなど交通事故に注意して行動することによって、交通事故をなくそうと呼びかけている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)